記憶力を上げるサプリ

記憶力が低下すると歳のせいかしら?と思ってしまいがちですが、どうやらそれだけではなさそうです。受験生が勉強したことをなかなか覚えられない…新入社員が仕事がなかなか覚えられない…などと、あらゆる世代で記憶力をアップさせたいと日々思っています。まずは脳の働きを活発化させましょう。

 

そのためには脳に良い生活を送る事です。睡眠をしっかり摂り適度な運動を行い、ストレスをなるべく減らし規則正しい生活を送ることで脳が元気になります。日記や手紙を書いたり、本を読んだりすることも効果的です。さらに重要なのが食生活の改善です。ジャンクフードや外食などが増えるとどうしても栄養が偏り、しかも脳に良いとされるDHA・EPAやポリフェノール、亜鉛などが不足しがちになります。積極的に青魚や大豆、緑黄色野菜を摂ることが理想ですが、正直忙しくてなかなか毎日摂ることが難しいですよね。

 

そんな時は記憶力アップに役立つ成分が含まれたサプリメントを活用しましょう。食事内容や栄養バランスを考えることも大切ですが、それがストレスにならないように不足している栄養素をサプリメントで摂取する事で、気持ちも楽になりますし食事では摂れない量がしっかり補えます。

 

きなりの特徴

どの世代でも魚を食べる習慣が減ってきています。特に10代は1日必要摂取量の20%ほどしか摂取出来ていません。本業の勉強を効率よくするには脳を活性化することが必要です。青魚に含まれているDHA・EPAをアスタキサンチンでガードすることで酸化から防ぎます。さらにナットウキナーゼも加わり、脳にいい栄養素たっぷりです。気になる魚臭さや納豆臭さもほとんど感じないので、魚や納豆が苦手なお子様でも安心して摂取して頂けます。好き嫌いもあり食事ではどうしても不足しがちな栄養素もきなりを上手に活用して脳を活性化させ勉強に集中出来たらいいですね。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA・ナットウキナーゼ

 

ラーニングアップの特徴

親は子供に勉強してほしい…子供は集中できず困ってる…なんてご家庭はたくさんあるでしょう。どうにかして子供の集中力をアップしてやる気を起こさせたいと願うけど、なかなか思うようにはいきませんよね。ビタミン類や葉酸はやる気を起こさせ集中力がアップする以外にもイライラを軽減させる効果があります。前向きな気持ちになれるドーパミンを分泌させる八升豆はタンパク質やミネラル、亜鉛なども豊富に含まれています。普段の食生活に不足しがちな栄養素もしっかり摂れてやる気が起こり勉強がはかどるといったいい連鎖が働きます。飲み続けることで、気が付けば勉強が楽しくなっているかもしれませんね。

価格 8,800円
評価 評価4
備考 タンパク質・ミネラル・亜鉛

 

ドクターデキスギの特徴

子供の成績が伸びない…どうもやる気が感じられない…集中力がない…などと子供の勉強に対するお悩みは尽きませんよね。お肉中心の食生活になっている今、どのご家庭でも魚不足が深刻化しています。青魚に含まれるDHA・EPAは子供の成長や脳の発達にとても重要だと言われていますが、お肉中心の食生活になっている今、どこのご家庭でも不足している栄養素です。DHA・EPAを500r配合し、酸化しやすい弱点も抗酸化作用の強いトコトリエノールで保護。記憶や集中に効果のあるホスファチジルセリン、GAVAも配合することで、脳を活性化させ勉強をやる気にさせ集中力をアップさせます。

価格 9,180円
評価 評価3
備考 DHA・EPA・GAVA

 

記憶力が低下した…原因はなに?

 

年を重ねると、誰しも記憶力が低下してくるもの。と一般的には考えられていますが、実は記憶力の低下は加齢だけが原因ではないとわかってきています。現代では、若い世代にも記憶力の低下を感じている人が急増中。ここでは、なぜ記憶力が低下するのか、その原因についてお話ししましょう。

 

若い世代でも記憶力の低下

 

記憶力の低下を感じている人が増えているのは、日本だけではなく世界的な問題のようです。もちろん中高年以上の人で記憶力が低下してくるのは当然と受け止められており、問題は若年層にも記憶力の低下が顕著になってきているということです。

 

ということは、年をとるだけが記憶力低下の原因に限らないということでもあります。実際、解剖学的には、脳の神経細胞は3歳から数が変わらないとまでいわれているのです。では、なぜ記憶力が低下するのかといえば、その原因は生活習慣や食習慣に問題があるようです。

 

記憶力が低下する原因

 

記憶力の低下の原因の一つは、睡眠不足。睡眠中に脳が新しい細胞を作り、弱った細胞を修復していることを考えれば納得がいきます。ストレスホルモンによって、記憶力を司る海馬がダメージを受けるともいわれています。スマホの使い過ぎでも、6割以上の人が忘れっぽくなったと感じているそうです。アルコールによって老化が加速し、脳も老けることが研究により判明したという報告もあります。

 

食生活では、脳の栄養になる栄養が不足していることが問題。こうした食生活や生活習慣上の問題は、日常的に改善が可能です。記憶力の低下を防ぎたいと思ったら、まず食生活を変えることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

記憶力を上げるならサプリがおすすめ

 

記憶力低下の原因の一つにもなっている、食生活の乱れ。脳が必要としている栄養が届かなければ、記憶力が弱ってくるのも無理はありません。食事の栄養バランスを考えて、食生活を改善しよう!

 

と言うのは簡単ですが、実際にはそう簡単にはいかないのが現実です。そこで便利に活用できるのが、記憶力アップに役立つ栄養を含んだサプリメントです。ここでは、記憶力を上げるために必要な栄養を含んだサプリメントについて、お話しましょう。

 

記憶力アップに役立つ栄養を含む食品

 

記憶力アップというと、思い浮かぶのがDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含んだ青魚。しかし実は、記憶力アップに役立つ栄養を含有している食品は、たくさんあります。例えば、果物のベリー類に含まれるフラボノイドには、認知能力の低下を防ぐ働きがあるといわれています。

 

魚介では、青魚の他にサーモンも記憶力アップに役立ちます。脳の疲労を回復するために、サーモンに含まれたアスタキサンチンも有効なのです。ビタミンEも記憶力の低下を防いでくれますが、ビタミンEを多く含む食品の中でもナッツは優秀です。

 

栄養バランスの良い食生活を助けるサプリ

 

記憶力の低下を防いでくれる栄養が含まれた食品が多ければ多いほど、あれこれ食べなければという気持ちになってきませんか?

 

食事は栄養の偏りなくという教えもあって、いろいろな食べ物から栄養をとらなければと思えてきますよね。
ところが実際に食事に活かそうとすると、行き詰りがち。そこでオススメなのが、記憶力の低下を防ぐ栄養を含んだサプリメントの利用です。

 

食事の献立を栄養バランスよくすることも基本ですが、神経質になり過ぎると続きません。サプリメントで栄養を補給できると思えば、少し気楽に続けていけるのではないでしょうか。ただ、サプリメントだけで栄養を摂取しようと思うのはよくありません。あくまでも、サプリは食事で不足した栄養を補給する目的で摂取しましょう。

 

記憶力を上げる脳に良い栄養成分

 

記憶力を上げるために、どんな栄養成分が脳に必要かという話題が注目されています。青魚を食べるといいとか、チョコレートが意外に脳に良いなどといった情報が日々流されますよね。

 

記憶力を上げるのに役立ってくれるのは、あくまでも食品に含まれた栄養成分です。必要な栄養が含まれているとされる食品でも、中には生育状況などによって含有成分が少ない場合もあります。そこでここでは、食品というより栄養成分に絞って、記憶力を上げるのに役立つ成分を紹介しましょう。

 

DHA(ドコサヘキサエン酸)

 

青魚に多いことで有名なDHAは、脳神経細胞の情報伝達力をスムーズにする働きがあります。情報伝達がスムーズに流れるということは、脳が混乱しないことを意味します。脳内では膨大な量の情報が行き交っていますから、混線しないように働きかけてくれるDHAのような成分が役立つのです。

 

不足すると忘れっぽくなるホスファチジルセリン

 

脳の細胞膜にあって、細胞のために栄養を吸収したり、逆に老廃物を排出するためにも働いているのがホスファチジルセリンです。

 

脳の血流を良くして細胞を活性化させるためにも必要な成分で、不足するとアルツハイマーなどの認知機能障害や記憶障害に至ることがあります。

 

また、気分が落ち込んだりうつになったりするのもホスファチジルセリンが不足しているときが多く、加齢によって減少するのも防ぐようにしたほうが良いのです。

 

大量のフラボノイドで脳の血流を改善するイチョウ葉

 

イチョウ葉には、13種類ものフラボノイドが含まれています。フラボノイドといえば、抗酸化物質としての働きが期待できますね。血液の流れがスムーズになれば、脳細胞に必要な栄養や酸素がしっかりと届けられます。しかし、活性酸素によって血液の流れが悪くなると、脳の細胞も老化が加速する恐れがあります。そこでイチョウ葉エキスの力で脳の血流を促し、認知力を高めるというわけです。

 

脳に悪い物は食べない

 

脳の働きを活性化させてくれる食べ物がある一方で、脳の働きを低下させてしまう食べ物もあります。そんな食べ物は、食べないに越したことがありません。

 

現代人の食生活は、ただでさえ過剰に脂肪や糖質を摂ったり、栄養を偏らせがち。不要な成分を体内に溜め込んで脳の働きを悪くしないように、脳に悪いとわかっている食べ物は避けたほうが無難です。ここでは、脳に良くない影響を与える食べ物について、紹介しましょう。

 

トランス脂肪酸

 

身体に悪い成分として、世界的に話題になっているのがトランス脂肪酸です。マーガリンやショートニングなども、トランス脂肪酸が多く含まれているとされる食品の一つ。そもそも、油で加熱調理する食品にはトランス脂肪酸のリスクが伴うといわれますが、日本の食品ではあらゆる加工食品にショートニングやマーガリンが頻繁に用いられています。

 

国によっては加工食品にマーガリンが使われることが禁止されるようになってもいますから、日本はトランス脂肪酸の無法地帯といったところでしょうか。

 

フレンチフライドポテトなども、たまにはいいかもしれませんが常食しているとトランス脂肪酸によって健康をじわじわと害していくことになりそうです。トランス脂肪酸が脳に悪いのは、脳の思考過程を惑わせるからだといいます。せっかくDHAを摂っても、トランス脂肪酸を過剰に摂取していれば意味がないのです。

 

過剰摂取は禁物の白砂糖

 

砂糖といえば、脳が唯一エネルギー減とする栄養でもあります。しかし、糖にもいろいろ種類があり、白砂糖を過剰摂取すると脳の様々な栄養がどんどん奪われてしまいます。そもそも、白砂糖はサトウキビを精製した加工品の化学物質。

 

たくさん摂り過ぎれば毒素となりますが、それだけでなく脳に必要な栄養まで奪ってしまうのは恐ろしいですね。脳を働かせるには砂糖!とだけ単純に思うのではなく、糖の種類と摂取量に注意したほうがよさそうです。

 

脳に疲れを溜めないことも重要!

 

脳の記憶力が低下してくるのは、疲れを溜めたままでいるせいかもしれません。勉強や仕事を頑張り過ぎると、段々と集中力が途切れてきたり、うっかり失敗したり、覚えたいものが覚えられないといった事態になってきます。

 

原因は、脳が疲れてきているから。脳も疲労しますから、疲れがたまれば働きが悪くなってくるのです。ここでは、脳に疲れをためずに記憶力をアップする方法について、お話しましょう。

 

脳はなぜ疲労するのか

 

単純に、勉強は仕事のし過ぎ、家事のし過ぎなどでも脳は疲労します。脳にもエネルギーが必要で、食べ物から得た栄養が不足すればエネルギーも不足してくるのです。

 

夜更かししたり、長時間パソコンやスマホをいじったり、テレビやゲームの画面を見過ぎたりするのも脳の負担になります。また、ストレスも脳を疲れさせる一因で、何かしたいことを我慢するのも脳のストレスにつながります。こうした疲れが少しずつたまることでも、脳の疲労は重なっていくのです。

 

栄養と休息を与える

 

脳にも休息が必要、またエネルギー源となる栄養が必要です。疲れたときには甘いもの、というのも脳の唯一の栄養源が糖分なことが一つにあります。

 

とはいっても、糖分の種類も選んで摂ることが大切です。白砂糖の摂り過ぎのように、かえって脳の記憶力を低下させてしまう糖分もあるからです。ご飯や麺類のような炭水化物にも、多くの糖分が含まれています。

 

野菜類にも糖分は多いので、栄養バランスの摂れた食事を3食摂っていれば、わざわざスイーツで糖分を摂らなくても脳には栄養が行き渡るもの。栄養の中でも、特に脳に良い影響を与えてくれる成分を欠かさずに摂るようにすれば、より脳が元気になってくるでしょう。

更新履歴