抗酸化成分が脳に必要な理由

人は呼吸をすると酸素を取り入れることができますが、酸素にはメリットもデメリットもあります。酸素なしに人は生きていけませんが、体内で酸素が消費されると活性酸素が発生するのがネックです。

 

活性酸素は、脳細胞を含む全身の細胞をさび付かせてしまいます。そのため、脳を元気にするためには、抗酸化をすることが大切なのです。ここでは、脳を十分に働かせるために役立つ抗酸化成分について、お話しましょう。

 

抗酸化成分の脳での役割

 

人の体には、もともと抗酸化成分が備わっています。しかし、毎日生活する中で、どんどん抗酸化成分は消費されていきます。

 

特に現代では、紫外線の害や大気、ストレスが多いことから、活性酸素の発生量が心配されています。食生活で栄養の偏りがある人も、活性酸素の悪影響を受けがちです。

 

タバコやアルコールをとっている人も、とらない人より活性酸素の発生量が多いのが懸念されています。活性酸素は直接的に細胞にダメージを与えますが、血液循環などにも悪影響を与えるのが困ったところ。

 

脳に血液が流れにくくなれば、栄養や酸素そのものが届かなくなってしまいます。脳が酸欠で栄養不良状態になって、働かなくなるのも当然です。

 

そんな状態を改善してくれるのが、抗酸化成分です。活性酸素を除去してくれる役割を持つ抗酸化成分は、脳をスッキリさせてくれるでしょう。

 

抗酸化成分が含まれた食品

 

抗酸化成分は、自然界のあらゆる生物に含まれているといいます。DHAやEPAなどにも、抗酸化力があります。

 

特に脳にオススメなのは、ブルーベリーのようなアントシアニンが多く含まれた食品です。目にも良いため、情報を難なく得るにも活躍してくれるはずです。